絵本セラピー★おすすめ100冊

保育士が選んだ未来の子どもたちに伝えたい絵本。
絵本の持つ可能性とリラックス効果をあなたに…

<< 新版 やりたい仕事がある! | main | 決定版 心をそだてるはじめての伝記101人 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -

プーさんの森にかえる

評価:
デイヴィッド・ベネディクタス
小学館
¥ 1,680
(2010-10-06)
Amazonランキング: 146186位

 ディズニーのプーさんで育った若者も、プーさんと初めて出会う子どもたちも、世代をこえて、プーさんの新しい魅力の虜になることうけあいです。

『クマのプーさん』の作者、A.A.ミルンとE.H.シェパードは他界していますが、その遺族によって、クマのプーさんの世界は、守られてきました。
今回の続編は、この遺族が認める正当なクマのプーさんの新作となります。

イラストは、シェパードのキャラクターデザインを踏襲しているのは、当然のことですが、お話しも、ミルンの世界観を発展させて書かれています。
ですので、前作品からのプーさんファンの人たちも満足のいく作品となっています。


- | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | -
trackback
trackback URL
     読み聞かせ絵本特集 朝食付きルーム検索