絵本セラピー★おすすめ100冊

保育士が選んだ未来の子どもたちに伝えたい絵本。
絵本の持つ可能性とリラックス効果をあなたに…

<< レオ・レオニ | main | ウエズレーの国 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -

あのころはフリードリヒがいた

評価:
ハンス・ペーター・リヒター
岩波書店
¥ 714
(2000-06-16)
Amazonランキング: 15079位

評価:
ハンス・ペーター リヒター
岩波書店
¥ 756
(2004-08-19)
Amazonランキング: 76850位

評価:
ハンス・ペーター・リヒター
岩波書店
¥ 714
(2005-07-16)
Amazonランキング: 88975位

 「あのころはフリードリヒがいた」
ヒトラー政権下のドイツ,人々は徐々に反ユダヤの嵐にまきこまれていった,子どもたちさえも…その時代に生き,そして死んでいったユダヤ少年フリードリヒの悲劇の日々を克明に描く.

尊敬する河合隼雄先生が「友情」とともに読むと理解が深まる、
と書いていたので読んでみました。
「友情」もラストは衝撃な一言で終わっていて、人種差別や宗教問題の少ない島国育ちの日本人にはビックリする内容でした。

一言で言ってしまえばユダヤ人の悲しい歴史を背景にした物語。
この「あのころはフリードリヒがいた」はその悲しさそのもののお話でした。

私は大人になってから読んだから「ビックリ」で済んだ?けど、思春期に読んだらきっと物凄い衝撃を受けたと思います。
でもだからこそ、その頃に読んでおかねばならない本なのかも知れません。

JUGEMテーマ:小説/詩

- | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | -
trackback
trackback URL
     読み聞かせ絵本特集 朝食付きルーム検索