絵本セラピー★おすすめ100冊

保育士が選んだ未来の子どもたちに伝えたい絵本。
絵本の持つ可能性とリラックス効果をあなたに…

<< まるくて おいしいよ | main | こんとあき >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -

とけいのほん

評価:
まつい のりこ
福音館書店
¥ 945
(1993-03-15)
Amazonランキング: 376位
Amazonおすすめ度:
時計の学習
これしかありません
わかりやすく可愛らしい

評価:
まつい のりこ
福音館書店
¥ 945
(1993-03-10)
Amazonランキング: 1508位
Amazonおすすめ度:
こっちは分が分かりやすく理解できます
だんだんと時計が分かる
時計が読めるように

 どんぐりぼうやと時計の針が、なかよく遊びながら「いま なんじ?」楽しく読みすすんでいくうちに、幼児に時計のよみ方を、わかりやすく教えてくれる絵本です。

子どもたちが興味を持ったときがちょうど良い機会です。
遊びながら楽しみながら時計や時間の存在を知らせましょう。
色や文字や数字には2歳を過ぎたころから少しずつ興味を持ち始めます。
もちろん個人差があるので一概には言えませんが。

保育園などでは
「長い針が3に来たらお片づけね」とか
時計に線を貼って「長い針がここまで来たら教えてね」とか
時計の存在を日常に取り込みます。

JUGEMテーマ:育児

comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | -
comment









trackback
trackback URL
     読み聞かせ絵本特集 朝食付きルーム検索