絵本セラピー★おすすめ100冊

保育士が選んだ未来の子どもたちに伝えたい絵本。
絵本の持つ可能性とリラックス効果をあなたに…

<< わくわくコースター | main | どうしてかわかる? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -

ノンちゃん雲に乗る

評価:
石井 桃子
福音館書店
¥ 1,260
(1967-01)
Amazonランキング: 142068位
Amazonおすすめ度:
懐かしかったです
戦前の物語とは思えない新鮮さ
ジャパニーズ・メルヘン

 女の子のノンちゃんは神社の境内にある大きなモミジの木に登りますが……。
戦後出版されると同時に多くの読者に感銘を与えた名作。
今も変わらぬ新鮮さに溢れた日本童話の古典です。

自分で読むなら:小学中学年から

「ノンちゃんは小学一年生、楽しみにしていた<東京までのお出かけ>を、まだ小さいからとお留守番に回されて、悲しくて仕方がないノンちゃんは池のほとりの大きな木に登りました。
木の上からおそるおそる池をのぞき込んでみると、池の表面にはぽっかりと白い雲が浮かんでいました。あっというまにノンちゃんは・・池の中の雲に落っこちて・・
気がついたら、そこは本当の雲の上、ふわふわの綿のような雲の中には船頭?のお爺さんと他にも沢山の人がいるらしい。クラスメートのいじめっ子までいます。
この本は60年くらい前に書かれているんですよね。
読んだ後が爽やかな、お話しです。おとなのかたにもぜひ読んで頂きたいと思います。」

(アマゾンレビューより)


JUGEMテーマ:育児


comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | -
comment









trackback
trackback URL
     読み聞かせ絵本特集 朝食付きルーム検索