絵本セラピー★おすすめ100冊

保育士が選んだ未来の子どもたちに伝えたい絵本。
絵本の持つ可能性とリラックス効果をあなたに…

<< おたすけこびと | main | クリスマス人形のねがい (大型絵本) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -

吟遊詩人ビードルの物語 (日本語版)

評価:
---
静山社
¥ 1,575
(2008-12-12)
Amazonランキング: 75位


まったく凄いことだ。
この作者、どんな頭をしているんだろう?
どうやってこの物語は生まれたのだろう?

ハリー・ポッターの奥深さを知って以来、読めば読むほどに謎が深まる。
あの魅力的なキャラクターの全てをひとりの作者が紡ぎだしたなんて想像もできない。
凄いなぁ。

そしてできれば感性豊かな子どもの頃に読みたかったな〜。
今「子ども時代」の子どもはラッキーだ。
この物語は空想の世界にあっという間に引き込んでくれる。
いろんな意味で子ども時代を磨ける。

そして満を持して登場した物語は、魔法族の子どもが読む童話。
そこにはどんな宝石が隠されているのだろうか?
comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | -
comment









trackback
trackback URL
     読み聞かせ絵本特集 朝食付きルーム検索