絵本セラピー★おすすめ100冊

保育士が選んだ未来の子どもたちに伝えたい絵本。
絵本の持つ可能性とリラックス効果をあなたに…

<< ぐりとぐらのあいうえお | main | 幸せな王子 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -

よあけ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

評価:
ユリー・シュルヴィッツ,瀬田 貞二
福音館書店
¥ 1,260
(1977-06)
よあけ
キャンプに行きたくなる
やまが くろぐろと しずもる。
JUGEMテーマ:アート・デザイン


静まり返った夜明け前の湖のほとり。
と一瞬さざ波が立ち、すべてが動きだす。
コールデコット賞受賞作家が、時の推移と音の世界を絵で再現した美しい絵本。

絵本を選ぶ基準のひとつに「美しい絵」があります。
子どもたちに理屈ではなく感覚で「きれい」を知って欲しいからです。
だからあんまりマンガチックな絵本は選びません。
(キャラクター化されてるのは別だけど)

そして子どもたちの「想像力」をかきたてる絵本を選びます。
読むときのポイントとして大人は余計なことは言わないこと、抑揚をつけないこと、文章以外は言わないこと。
ゆっくり子どもたちに語りかけます。

ねむいねむいおはなし
ユリ シュルヴィッツ Uri Shulevitz さくま ゆみこ あすなろ書房 (2006/09)売り上げランキング: 95221
おすすめ度の平均: 5.0
5 タイトル通り「ねむいねむい」だけど・・・5 とちゅうでねないように気をつけろ5 寝る前の1冊に是非!


ぼくのともだちおつきさま (世界の絵本)
アンドレ ダーハン きたやま ようこ Andr´e Dahan 講談社 (1999/06)売り上げランキング: 122216
おすすめ度の平均: 5.0
5 絵本の中の絵本。5 ぜひ!原本で!!^v^/。たのしいから!!!5 しあわせな気分になれます

comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | -
comment









trackback
trackback URL
     読み聞かせ絵本特集 朝食付きルーム検索