絵本セラピー★おすすめ100冊

保育士が選んだ未来の子どもたちに伝えたい絵本。
絵本の持つ可能性とリラックス効果をあなたに…

<< ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本) | main | ことわざ絵本 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -

13ヵ月と13週と13日と満月の夜

評価:
アレックス シアラー
求龍堂
¥ 1,260
(2003-05)
大人も楽しめる辛口ファンタジー
一番のお気に入り
怖い!!!でも面白い!!!
JUGEMテーマ:読書


たぶんこれは小学校高学年くらいから楽しめる物語です。
「今の大切さ」を真正面から切り取った内容です。

『メレディス、今あるものをすべて当然だと思ってはいけない。すべてが永久にこのままなどと考えてはいけない。決して変わらないものなどないんだから。

・・・われわれにできるのは、最善を祈ること、そして今、目の前にあるものを楽しむことだけだ。今のために生きるのではなく、今を生きるんだよ。確実なのは今だけなのだから』

物語に登場するのは「こども」と「おばあちゃん」と「魔女」。
共通するのはこの3方に対し誰もマジメに話を聞いてくれないこと。
だからこそ人間たちに混ざってる魔女もその存在が明らかにならないのかもしれません。

ドキドキわくわくハラハラ。
カーリーはどうなちゃうの?
13ヶ月と13週と13日と満月の夜に間に合うの???

一気に読めて面白いです。
comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | -
comment









trackback
trackback URL
     読み聞かせ絵本特集 朝食付きルーム検索